補聴器のメーカーについて

オリジナル見出し01

日本を含めて世界中には様々な補聴器の製造販売を行っているメーカーが存在しており、それぞれのメーカーによって販売されている補聴器の性能や特徴も異なっています。



多種多様にメーカーと商品があるからこそ、利用する側としては選択の幅が広がりますし、自分に合った商品を探しやすくなっているというメリットも存在しています。
そんな補聴器のメーカーは日本には13社程度存在しており、日本に支社を置いているところもあれば海外に支社を置いている外国ブランドも存在しています。



ですがいずれも販売しているのは日本の販売店となっており、外国のブランドであったとしても保証やメンテナンスに関しては国内で対応しているので、安心して利用することができるようになっています。



では、ブランドによる補聴器の性能や機能の違いはどのようなところに出てくるのかと言うと、一番は聞こえやすさにあります。
と言うのも、ブランドによっては医療機器を専門に取り扱っているところもありますし、電化製品を中心に取り扱っているところもあります。



専門分野の違いによって重点を置くところは異なっていますし、聞こえやすさに関してもどのようなところに注目しているのかが異なっています。



そのため、同じ種類の補聴器であってもメーカーが違うだけで聞こえ方が大きく異なったり、装着した際の付け心地なども異なってきます。



なので、購入する際にはその点も注意しながら選んでみるのも大切だと言えます。

関連リンク

  • タイトル21

    聴力をサポートする補聴器は、微妙な人の感覚の違いに対応する必要があります。同じ機器であっても、使用する人によって感覚は大きく異なります。...

  • タイトル22

    日本を含めて世界中には様々な補聴器の製造販売を行っているメーカーが存在しており、それぞれのメーカーによって販売されている補聴器の性能や特徴も異なっています。多種多様にメーカーと商品があるからこそ、利用する側としては選択の幅が広がりますし、自分に合った商品を探しやすくなっているというメリットも存在しています。...